戸袋交換工事① 旭区 戸建て

本日は旭区の一戸建て住宅に伺っております。

だいぶ経年劣化の激しい雨戸の戸袋の交換のご依頼です。

DSC0625220141215_125524

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお客様宅のように雨戸の戸袋が長い間、雨ざらしになって

ボロボロになってしまっている。というご相談は結構ございます。

こちらを補修工事いたします。

まずは、ボロボロの部分を解体します。

DSC06253きれいに悪いところは取り外しました。

ここに新しくべニアを張るのですが、

これが結構ポイントになります。

それは、べニアなら何でもいいわけでは

ないからです。

べニアの厚みは4ミリでいいのですが、W寸法が問題です。

何故かというと…。

そもそも、戸袋には雨戸板が納まることになっております。

雨戸のW寸法は、ほとんどが90センチです。

その90センチの雨戸板が納まるのですから、

当然、戸袋は90センチ以上でなければなりません。

市販のべニア板のW寸法は91センチです。

これでは、戸袋用のべニアとしては、寸法が足りません。

そこで、INOKENの仕入れ先の材木屋さんから仕入れる、

『戸袋べニア』というものがあります。

この『戸袋べニア』のサイズは、94.5センチ×186センチです。

これなら戸袋の補修に使えます。

というわけで、戸袋べニアを取り付けます。

DSC06259これが『戸袋べニア』です。

写真のものは、既存の戸袋枠の色に合わせて

事前に塗装しておいたものです。

 

 

と、本日はここまでです。

次回は、取付作業のご説明になります。

お楽しみに~(@^^)/~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のようにボロボロになっていました。

この雨戸戸袋全体を交換すると予算もだいぶかかるので

戸袋板の部分だけ交換いたします。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz

Category ( リフォーム・修理色々 ) | タグ: , , , , | Comment

玄関に大きな鏡を取付 横浜 保土ヶ谷 マンション

本日は、鏡の取付に横浜市保土ヶ谷区のマンションにお伺いしております。

マンションの玄関の土間の壁に全身が映るような大きな鏡を取り付けたいというご希望はよくあります。

しかし、どこに誰に頼んでいいのかわからいのが現状です。

どこのリフォーム屋さんでも「玄関に鏡を取り付けて!」と言えば

どこのリフォーム屋さんでも工事は受けてくれると思いますが、

承ったリフォーム屋さんが直接工事をすることは、まずありません。

ほとんどが下請けのガラス屋さんなどに注文をだしています。

鏡は少しでも端っこをぶつけると割れてしまいます。

とても扱いづらい商品です。

専門性の高い商品なので専門的な工事業者(ガラス屋さん)に工事を依頼します。

ですので、リフォーム代金も業者が間に入る分、少し高くなってしまいます。

しかし、INOKENでは、鏡工事などの専門性の高い工事も直接工事ができます。

これも、数多くの実績と経験で培ったものであると自負をしています。

今回、玄関のこの壁に鏡を取り付けいたいとのことでした。

dsc06111 テープを貼ってある位置に幅60㎝高さ150㎝の大きな鏡を取り付けます。

鏡を壁に取り付ける際に、今回は『ミラーマット』『ミラーボンド』併用施工で行いました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

要は、両面テープとボンドではあるのですが、

INOKENでは、必ず専門の両面テープとボンドを使用します。

鏡は、ガラスに銀やすずなどの薄い金属膜を貼り付けてできています。

そこに両面テープなら何でもいいと貼ってしまうと

その両面テープについている接着剤が鏡の金属膜を侵食し、

じきに黒くなって腐食してしまいます。

ボンドにしても水分を含んでいるので、蒸発すると体積が収縮し、

鏡の面を引っ張ってしまい、鏡が湾曲してきます。

その辺りをクリアするには、鏡専用の両面テープである『ミラーマット』と

鏡専用の接着剤である『ミラーボンド』があるのです。

INOKENではきちんとこの副資材で施工をします。

dsc06114 dsc06115

たてよこの水平を確認して取付いたします。

完了です。

600x1500

これだけ大きな姿見が玄関にあると靴を履いた状態で

ご自分の後ろを見ることができるので、とても便利ですよね!

玄関に鏡を取り付けたいとご希望のお客様はお気軽にお問い合わせくださいませ。

ありがとうございました。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz

Category ( 玄関のリフォーム ) | タグ: , , , , | Comment

新年のご挨拶2017

%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%82%b1%e3%83%b3%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b62017 新年あけましておめでとうございます。

INOKENは、おかげさまで本年10周年を迎えます。

これもひとえに日ごろからのお客様の御ひいきによるものだと

感謝に堪えません。

『10周年』と一言で言っても、さまざまなことが

ありました。

一時は、倒産の危機に直面した時もありました。

しかし、お取引して頂いている銀行、問屋さん、協力会社の皆さんがその都度、『応援しているから頑張れ!』と

暖かくも厳しく叱咤激励をして頂き、

ここまで10年もの長い間、INOKENを続けることができました。

ここで、改めて御礼を述べさせていただきます。

こんな小さな会社を支え、励まして頂き、本当にありがとうございました。

このご恩を忘れず、この気持ちをお客様に還元して参る所存です。

INOKENの理念である、『お客様に親切なリフォームを!』の精神に反することなく

かゆいところに手が届く、気の利いたセンスの光るリフォームをお客様にご提供させて頂きます。

今年もINOKENをどうぞよろしくお願い致します。

2017年1月4日 新年の決意として。

代表取締役 井上浩志

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz

Category ( ブログ ) | タグ: , | Comment

ユニットバスの床のリフォーム(タイル床)②完 神奈川区 神大寺 戸建て

昨日の続きです。

パテが乾いたので、バスナフローレを貼るために接着剤を塗布します。

dsc05996 dsc05997

接着剤の塗布が完了しました。

dsc05998

その後、「オープンタイム」といって接着剤の効果が発揮できるように

規定の時間をおいてからバスナフローレを乗せていきます。

imgp3714 とその前にユニットバスの床に合わせてカットしました。

それでは、貼ります。

dsc06001 dsc06000

ローラーで圧着してきれいに貼ります。

dsc06002 dsc06007

端っこを専用コーキングで防水処理をします。

dsc06010 完了です。

dsc05963施工前と比較するとこんなにもきれいになりました。

今回のように想定とは違うことが現場ではよくあります。

その際には、お客様にきちんとお話をして、日程を頂いたり、

工法を変更したりご相談させていただきます。

あくまでもお客様に喜んでいただけるようなリフォームを目指します。

是非、INOKENの感動的なリフォームを体感してください。

よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。(^^)v

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz

Category ( 浴室リフォーム ) | タグ: , , , , , , | Comment

ユニットバスの床のリフォーム(タイル床)① 神奈川区 神大寺 戸建て

神奈川区神大寺に浴室のリフォームでお伺いしました。

dsc05963 ユニットバスなのですが、洗い場の床がタイルの浴室です。

写真のように床のタイルがボロボロになっており、最早、危険という感じでした。

写真のグレーの接着剤の跡みたいなのは、お客様ご自身でホームセンターで購入されたタイルを

接着剤で塗って、貼ろうとしたようですが、ダメだった→という跡です。

最初、INOKENにご相談をお受けしたときは、「浴室の床にタイルを貼ってほしい」との事でした。

現地調査にお伺いしてみるとこのような感じでした。

そこで数々の施工実績と経験のあるINOKENでは、『バスナフローレ』という商品をご紹介しました。

%e3%83%90%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%acjpeg こちらです。浴室用のビニール床シートです。

ということで、こちらの『バスナフローレ』を貼ることになりました。

それでは、既存のタイルの撤去です。

dsc05964 dsc05965

既存タイルの撤去は完了しました。

ここで通常でしたら、接着剤を塗るための下地材(シーラー)を塗布なのですが、

お客様がご自分でホームセンターで購入された接着剤がデコボコに塗布されているので

下地調整をして、平らにしなければなりません。

imgp0001 dsc05983 imgp0004 dsc05984

下地調整剤のパテを通常は1回の塗布でいけるのですが、

既存のユニットバスの床面が余りにもデコボコがひどいため、2回の塗布に急遽切り替えました。

ということで1日作業のはずでしたが、お客様ご相談して、明日までの施工になりました。

続きは明日です。

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz

Category ( 浴室リフォーム ) | タグ: , , , , , , | Comment