リフォーム・修理色々

木製雨戸板の補修 港南区 一戸建て② 完了

2018/02/27

さて、このような状態でした。

かなり雨戸板が傷んでいますね。

これでは、強風が吹いたら、ご近所の皆さんにご迷惑をお掛けしてしまいます。

こちらの雨戸板は四方の木枠に3ミリのべニアが挟み込まれているタイプでした。

3ミリですから、傷んでくれば、当然、ボロボロ・ヘロヘロになってしまいます。

そこで、ご予算をなるべく抑えて、尚且つ、ご近所にご迷惑をお掛けしないようにするための工事をします。

まずは、既存のボロボロのべニアを取り外します。

次に『耐水3ミリべニア』を使用して、既存の四方枠にはめ込みます。

ここで使う釘は真鍮の雨戸板用の釘を使いました。

その後、防水の為に塗装をします。

あとは、塗装が乾いたら、

既存の雨戸戸袋の中を掃除して立て込み、雨戸カギの調整をして完了です。

見違えるように補修完了です。

お客様にはご予算の範囲の中でここまできれいになってとても喜んでいただけました。

INOKENでは、お客様のお悩みを具体的にご相談に乗らせていただきます。

些細なことで聞きづらいことなど

お気軽にご相談ください。

ご相談をお待ちしております。