和室を洋室に変更(フローリング工事)③完 大田区 マンション

前回の引き続きです。

それでは、クロスを貼っていきます。

と、その前に巾木を取り付けました。

imgp4663 ←壁の下に廻って付いている白いのが巾木です。

以前は和室で畳だったので、巾木は付いていませんでした。

その代わりに、「畳寄せ」というものが付いていました。

tatamiyose1 畳が納まっている周りに巾木の代わりのような木があります。

これを「畳寄せ」と言います。

この「畳寄せ」を残して、「畳寄せ」にフローリングを突き付けるフローリングの貼り方もあります。

但し、ちょっと和室感が残ってしまいます。

それでも、畳をフローリングに変えるだけでいい。というお客様にはこの方法でご提案しています。

今回は、リビングと一体にすることが目的なので、畳寄せを撤去して、巾木を取り付けました。

それでは、クロス仕上げ工事です。

imgp4662 imgp4665 imgp4666 imgp4669

imgp4680 おおむねクロス貼りは完了しました。

imgp4681 imgp4683 リビングと旧和室の境目の壁と天井を補修します。

dsc08106 dsc08107 押入れがクローゼット収納に様変わりしました。

完成です。

%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%be%8c1

リビングと和室をつなげただけですが、完成をイメージして作り上げているので

元からあったお部屋のようです。

想像通り、素敵なお部屋になりました。

お客様にはとても喜んで頂くことができました。

後日、お客様からは御礼のメールを頂きました。

喜んでいただけていることがINOKENの何よりの励みになります。

更なる、施工技術の向上とセンスを磨き、

お客様にもっともっと喜んでいただけるように頑張ります。

大変にありがとうございました。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz

Category ( 内装クロスリフォーム, 和室を洋室へリフォーム, 建具ドアリフォーム ) | タグ: , , , , , | Comment

和室を洋室に変更(フローリング工事)② 大田区 マンション

前回の引き続きです。

それでは、床の根太組み上げです。

%e6%a0%b9%e5%a4%aa%e7%b5%84 imgp4645 imgp0039

imgp0038 押入れ部分の床も部屋内と同じ高さになるように根太上げをします。

imgp4654 根太上げ→べニア捨て貼り→フローリングの順にフローリング工事を進めます。

imgp4646 imgp4649 既存の間仕切壁のあった部分の壁と天井の補修(穴埋め)をします。

imgp4653 imgp4651 imgp4650 imgp4652

穴埋めした壁と天井の取り合い部分にクロスの下地処理をします。

imgp4658 imgp4660

今回は、押入をクローゼット収納に変更するので、

枕棚ハンガーパイプセットを取り付けます。

さて、壁を撤去し、畳をフローリングにし、その取り合いを補修し終わったので、

仕上げのクロス貼りです。

今回は、一面の壁にアクセントクロスを貼ります。

とても素敵になると思います。

と、次回までのお楽しみに‼

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz

Category ( 内装クロスリフォーム, 和室を洋室へリフォーム, 建具ドアリフォーム ) | タグ: , , , , , | Comment

和室を洋室に変更(フローリング工事)① 大田区 マンション

INOKENでかなりの数でご依頼ただく工事に『和室の畳をフローリングにしたい‼』

というものがあります。

皆さん割と簡単に和室の畳がフローリングになると思われていますが、

取り合いのこと(壁と畳寄せの取り合いなど)を考えて、出来上がりを頭に描きながら

工事を進めていかなければなりません。

結構、経験で工事の出来不出来が左右する工事の一つです。

大田区のマンションにお伺いしました。

今回ご依頼いただいた和室はこのようなお部屋でした。

dsc04963 dsc04964 %e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%89%8d

リビングと隣り合わせの和室です。

この和室とリビングをつなげて一つのお部屋にし、畳をフローリングに変更するリフォームをご希望です。

それでは、解体です。

dsc08073 リビングとの間仕切壁になっているこの壁を撤去します。

dsc08074 和室特有の『長押』(なげしと読みます)も撤去します。

INOKENでは、この長押を取ることをお客様に必ずご提案しています。

お客様にはこのことはまず頭にありません。

この長押が残っていると洋室になったとしても、何かふぬけな感じになってしまいます。

dsc08075 押入れも同じことですが、

押入れを残して(つまり、引戸の収納として)フローリングにする方はいらっしゃいます。

その時は、押入の襖を襖紙→クロスに貼りかえることをご提案しています。

襖紙のままだとどうしても「和室感」が残ってしまうので…。

今回は、押入をクローゼット収納に変更いたします。

dsc08077dsc08079 dsc08078 dsc08080

dsc08083 解体が完了しました。

次に、床の高さをリビングと合わすために、根太組み上げをします。

と、今回はここまでです。

次回をお楽しみに‼

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz

Category ( 内装クロスリフォーム, 和室を洋室へリフォーム, 建具ドアリフォーム ) | タグ: , , , , , | Comment

和室を洋室にリフォーム 横浜 港南区 マンション

本日は、横浜市港南区のマンションに伺っています。

和室を洋室に変更したいとINOKENにご相談がありました。

既存のお部屋はこのようになっておりました。

施工前1 施工前2

施工前3たたみをフローリングに変更し、

押入れは、クローゼットにします。

クローゼットの中は

棚とハンガーパイプを取り付けます。

現在の天袋の収納も

使い勝手のいいように変更します。

和室の出入口の引戸も洋室ドアに変更します。

まずは、解体です。

施工1 施工2 施工6

こちらのように、家具など置いてあっても大丈夫です。

INOKENのやさしいスタッフが、うまくどかしながら、移動させながら工事にあたります。(^^)v

施工3工事を進めていると

想定外のことが発生したりします。

家具があってわからなかったのですが、

ガスコンセントが出てきました(^_^;)

急遽、お客様に確認したところ、このガスコンセントはいらないので、

撤去して欲しいということになりました。

そういった急な要件に対応できるのもINOKENの強みです。

施工4  ガス管をメクラ処理しました。

施工7 施工10 すっかり床がなくなり、躯体の状態になりました。

これから、押入れを解体します。

施工9 押入れに荷物があっても大丈夫です。うまくやります。(^^)v

こちらのお部屋は北側で寒いとのことなので、

北側面と境界壁面には、下地組をし、断熱材を入れて壁を作ります。

もちろん床にも断熱材を敷き込みます。

施工11 施工12 施工17 施工18

天井もコンクリート躯体に塗装がしてある状態でしたので、

野縁(下地)を組み、クロスで仕上げられるようにします。

施工13 施工14 施工16

床のフローリングをするための捨てベニアを貼って、押入れの造作に取り掛かります。

施工19 施工15 施工21 施工22

出入口のドア枠を取り付けクロスを貼って完了です。

施工20 R0015659

完了しました。

施工後3 施工後2

押入れもおしゃれなクローゼットになりました。

施工後1 施工後4

以前の和室から、打って変って明るい洋室になりました。

オクの壁は、ダーク系のクロスを貼ってアクセントをつけてみました。

お客様の声です。

『今回はわがままなリフォームのお願いをかなえてもらい

どうもありがとうございました。

思っていた以上の大掛かりな工事でしたが、それだけにリフレッシュされて大変満足です。

特に窓の廻りがとてもきれいになり、また壁紙もアクセントが効いて

感じがずいぶんと変わりました。

思い切ってお願いしてよかったです。また少しずつ変えていけたらと

思っておりますので、その時はどうぞよろしくお願いいたします。』

こういった、喜びのコメントをもらえる時が一番うれしい時です。

職人冥利に尽きます。

また本日より、新たな決意でお客様に喜んでい頂けるような仕事をして参ります。

ありがとうございました。

『お客様に親切なリフォームを!!』 INOKEN

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz

Category ( 内装クロスリフォーム, 和室を洋室へリフォーム, 床リフォーム, 建具ドアリフォーム ) | タグ: , , , , , | Comment

和室の繊維壁にクロスを貼る(横浜・瀬谷区・一戸建て)続き…

横浜市瀬谷区の一戸建て住宅のリフォームの記事の続きを

リクエストいただきましたので、ご紹介いたします。

続きをアップしていませんでした。申し訳ありません。

さて、ベニア下地までできました。

IMGP4751 IMGP4753 IMGP4754

繊維壁(じゅらく壁)にすべてベニア下地を貼りました。

R1075372

クロスを貼る前にパテで下地処理をします。

完了です。

R1075464 R1075465

畳も表替えをし、襖・紙障子を張り替え、きれいな和室に生まれ変わりました。

少し古いおうちですと、和室の壁が京壁・じゅらく壁などの繊維壁で、

「ぼろぼろ壁が落ちてくる」というお悩みは多くお聞きします。

しかし、『ぼろぼろ壁』を解消して、お気に入りのクロスを選び、

新しく和室を生まれ変わらせることは、INOKENにとって、そう大変なことではありません。

数々の施工実績で培った経験で、

お客様にとって感動的なリフォームのご提案と施工をいたします。

和室のリフォームなら、是非ともINOKENにご用命下さい。m(_ _)m

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz

Category ( 内装クロスリフォーム, 和室を洋室へリフォーム ) | タグ: , , , , , , | Comment