和室を洋室へリフォーム

和室を洋室に変更(横浜・一戸建て)

2011/09/15

横浜の一戸建てをフルリフォームのご希望のお客様で、和室を洋室に変更したいとのことでした。

  

既存お部屋の写真を見ていただくとわかりますが、

真ん中のお部屋にエアコンを付けています。

その冷媒管とドレン管の配管が、和室と和室の間仕切り壁に沿ってにょろにょろと配管されています。

今回は、フルリフォームという機会ですので、

この『にょろにょろ』をいかに隠して『スッキリ』させるかがポイントになります。

そこで、INOKENの得意技『エアコンの先行配管』です。

 

和室と和室の間仕切り壁の中に、エアコンの冷媒管とドレン管を通すご提案をしました。

壁の下地を作って、ボードを張っていきます。

 

壁は完成しました。見事に『にょろにょろ配管』は隠れて、スッキリしました。

クロスの下地パテを打って、クロス張りの準備です。

となりの和室も洋室に変更するため、

真壁(柱を見せる壁)から大壁(柱と柱の間に間柱を設け、壁で柱を被覆して納める壁)にします。

本日は、ここまで。

次回は、完成した状態をリポートします。

お楽しみに♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。