浴室リフォーム

浴室リフォーム・洗面室リフォーム(横浜・緑区・一戸建て)施工編

2012/12/02

前回ご紹介の横浜・緑区の一戸建て住宅の浴室・洗面室リフォームの続き、施工編です。

既存の在来浴室(タイルの浴室)の解体をします。

配管を切り廻して、コンクリートを打ち、ユニットバスの土台を整えます。

解体してみて、わかった事は、土台の木部が腐食していました。

この部分の土台を防腐剤が注されている土台に入れ替えました。

このあたりは、INOKENでは経験上、想定の範囲です。

→ 

これで、ユニットバスが組み立てられる前の段階まで完了です。

ユニットバスメーカーの責任施工で新しいユニットバスが組み立てられました。

次に、洗面室の壁と天井をどんどん補修していきます。

ユニットバスの出入口枠も取付完了です。

給湯器を新しくします。

→ 

さて、洗面室内のクロスと床CFシートが張り終って、洗面化粧台を取り付け、完了です。

最後に、ユニットバスの給水・給湯・排水管の確認テストをします。

一切完了です。

解体~ユニットバス施工~洗面室改修~完了まで4日間かかりました。

お風呂に入れない日にちは、3日間です。4日目の朝から入る事ができます。

次回のご紹介は、施工前と施工後の比較をしたいと思います。完了編です。

浴室のリフォームをお考えの方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。