リフォーム・修理色々

戸袋交換工事② 旭区 戸建て 完了

2018/02/23

ボロボロの戸袋板を撤去したら、

雨で腐ってボロボロになってしまった下地を補強します。

この補強した木下地の上に塗装済みの戸袋べニアを張っていきます。

そこでどういうビスor釘で打ち付けて張っていくかといいますと

『ステープル』という釘でエア工具を使って打ち付けます。

この『ステープル』は、鉄製のものがよく使われていますが、

戸袋べニアを打ち付ける釘ですので、雨風が当たる場所です。

当たり前の話ですが、鉄製ではすぐに錆びてしまい、戸袋べニアが外れてしまいます。

なので、ステンレス製のものを使用します。

こういうところは、お客様はまったく分からないところです。

このような細かいことですが、大事なことをきちんとやっていきたいと思っています。

『リフォーム営業会社』はすぐに「アルミサッシの雨戸に改修しないとダメです!」

なんて言います。

補修で直せるところは直して、ご予算の範囲でリフォームをご検討して頂ければと思います。

INOKENでは、お客様に納得して頂けるようなご提案をしていきます。

『お客様に親切なリフォームを!!』の理念のもとに。