フルリフォーム トイレリフォーム 建具ドアリフォーム

中古住宅のフルリフォーム 旭区 一戸建て住宅⑦

2018/10/31

旭区一戸建て住宅のフルリフォームの続きです。

今回は2Fのトイレの位置を変えます。

既存のトイレは、2Fの和室の部屋内にドアがありました。

介護でベッド等で寝ていてすぐにトイレに行けるようにリフォームをしていたそうです。

今度は、2Fの廊下からトイレに入れるように2Fの和室の間仕切壁を移動します。

既存のトイレはこのように和室のお部屋の中にありました。

このトイレの位置を変えることはしないで、

和室の1畳をつぶして、そこを廊下にします。

トイレドアの左側の引戸があった壁を壊します。

トイレ前のこの1畳部分を廊下にするために床下地を造作します。

次にトイレドアの新規枠を入れます。

次にトイレ前の新しく廊下になった床にフローリングを貼ります。

トイレ前の廊下と和室の間に引戸を入れます。

廊下ができてきました。

今まで廊下と和室の間仕切壁だったところに手すりを造作します。

クロスを貼って、廊下の完成です。

このように広くするだけではなくて、和室を1畳分狭くすることで、

有効に2Fの廊下が使えるようになりました。

畳1畳分和室が狭くなりました。

しかし、施工前と施工後を比較してみてください。

施工前  → 施工後 

このようにちょっと考え方を変えるだけで使い勝手・住まい作法が大幅に変わります。

INOKENでは、こういったアイデアも数々の施工実績で培った経験で、お客様が望まれているリフォームをご提案します。

フルリフォーム丸ごとパックのページはこちら→https://inoue-k.net/reformpack450

次回は、押し入れをクローゼットにリフォームしていきます。

お楽しみに(@^^)/~~~