フルリフォーム 和室を洋室へリフォーム

中古住宅のフルリフォーム 旭区 一戸建て住宅⑧

2018/12/27

旭区一戸建て住宅のフルリフォームの続きです。

今回は、押し入れをクローゼットに変更するリフォームのご紹介をいたします。

リフォーム前の押入れはこんな感じでした。

1Fの押入れです。

2Fの押入れです。

 

こちらの押入れをクローゼットに変更します。

まずは解体です。

  

解体が完了しました。

次にクローゼットの下地造作をしていきます。

押入れのときは、押入れ内部に入ることは基本的にはないので、

床が割とペラペラで布団が乗っかる程度の強度しかありませんが、

クローゼットとなるとクローゼット内部に入ってくるので、床の強化補修が必要になります。

そこで、床下地補修のため根太組みをし、べニアを貼ります。

  

次に壁もペラペラでしたが、枕棚とハンガーパイプを取り付けるために、下地補修をします。

次いで、クローゼット枠を取り付け、周りをボード補修します。

  

  

枠廻りのボード補修が完了しました。

 

次に枕棚を取り付けます。

  

クロスを貼って完了です。

 

アクセントクロスと合わせて、いい感じのクローゼットが出来上がりました。

こうして、クローゼットの内部をブルーのクロスにすると

枕棚と折れ戸のホワイトとのバランスがとてもよく、

フェミニンな感じのクローゼットになります。

こういったクロスのアドバイスもINOKENは得意です。

フルリフォーム『まるごとパック』の事例はこちらをご覧ください。

次回は、長きにわたって『中古住宅のフルリフォーム 一戸建て』をご紹介してきましたが、

そのまとめをご紹介いたします。