フルリフォーム

マンション フルリフォーム 横浜市 戸塚区②

2019/01/19

横浜市戸塚区のマンション フルリフォーム

前回の引き続きです。

さて、解体作業です。

  

  

キッチンや浴室などの水廻りの解体と壁・床・天井を解体しました。

  

既存のフローリングを解体し、下地の捨てべニアを剥がしてみると

床下地の骨組み(根太と言います)のピッチが大きすぎるのが分かりました。

かなり古い物件だったので昔はこの程度の根太組はよくありました。

今回は、尺ピッチ(303ミリピッチ)で根太組を組みなおします。

こんな状況でした。

  

根太を組みなおします。

  

 

このように床下地の根太を組みなおして、フローリングを張る前の下地をきちんと作ります。

また、設備配管(給水・給湯・排水)もかなり古い鉄管を使っていたので

新規樹脂管に切り替えます。

キッチンの位置も変わるので、排水管も新規塩ビ管に切り廻します。

   

赤い樹脂管は給湯管(お湯)です。青い樹脂管は給水管(お水)です。

こちらのマンションの給湯システムは電気温水器でしたので、

お湯・水ともに電気温水器に接続します。

浴室は在来工法(タイルの浴室)の浴室でしたが、

今回は新規にユニットバスを入れます。

ユニットバスに配管する、給水管と給湯管をやはり新規樹脂管にします。


 

さて、根太を新しく組み直した上に捨てべニアを貼っていき、

取り合いの壁と天井を造作していきます。

と、今回はここまでです。

次回は、床・壁・天井が出来上がっていきます。

お楽しみに(@^^)/~~~