リフォーム・修理色々

外部塗装工事&木部補修 川崎市宮前区戸建て②完

2019/04/15

前回の引き続きです。

川崎市宮前区の戸建て住宅に来ています。

それでは、屋根・外壁塗装になります。

 

カラーベストの屋根を塗装するときの重要なポイントは、

屋根と屋根との境目が塗膜で埋まってしまっていないかということです。

カラーベストの屋根材同士の隙間は空間がなければなりません。

その微妙な空間から雨水が抜け落ちていくのです。

そのため、カラーベストの屋根をやみくもに塗装をして、そのまま放置してしまうと

微妙に空いていなければならない隙間が塗膜によって埋まってしまい、

その埋まったところに雨水が経年のうちに溜まっていき、最終的には雨漏りになります。

この辺りが、塗装職人の腕になってきます。

INOKENでは1級塗装技能士が施工しているので、安心です。

この黒い部品のようなものを『タスペーサー』といいます。

この『タスペーサー』を屋根材の隙間に入れて塗装をしますので

微妙な空間は維持でき、雨漏りの心配などありません。

屋根がきれいに仕上がってくるとすべてがきれいに見えてくるので、

こういった細かい仕事が見過ごされがちです。

その点、INOKENでは誠実な仕事で対応します。

 

壁も出来上がりました。

 

よく外壁塗装のHPを見ると『~色に塗装しました』的な見た目の話が多いような気がします。

確かに『色見』は大切ですが、それは最終的な判断であり、

もっと重要なのは、どういった材料(塗料)を使うのかだと思います。

INOKENで推奨している材料(塗料)は、

屋根は、水性クールタイトシリコンという塗料です。

特長は、

・遮熱性 太陽光線の中で、放射熱エネルギーの強い近赤外線領域を反射し、優れた遮熱性能を実現します。

・高耐候・耐久性 高耐久樹脂の採用により、強靭で優れた対候性、耐久性を示します。

・防カビ・防藻性 特殊設計により、かびや藻などの微生物による汚染に対して優れた抵抗性を示します。

・優れた低汚染機能 汚れの付着による遮熱効果の低下を防ぎ、長期にわたって高い遮熱性能を維持します。

  

壁の材料(塗料)は、プレミアムシリコンを使用しました。

特長は、

・耐候性/耐久性 架橋による緻密かつ強靭な塗膜はトリプルガード効果により、超耐久性、超耐候性を示すとともに耐水性、耐アルカリ性、耐薬品性に優れています。

・仕上がり 特殊シリコン樹脂塗料の滑らか且つ肉持ち感のある塗膜は、光沢のある仕上がり性を示します。

・低汚染性 緻密な特殊シリコン樹脂の架橋塗膜は汚れを定着しにくくします。

・防カビ・防藻性 特殊設計により、かびや藻等の微生物汚染に対して強い抵抗性を示し、長期にわたり衛生的な環境を維持します。

・作業性 隠ぺい性の高い塗膜とレオジーコントロールによる塗りやすい粘性を実現し、作業効率を向上させます。また、臭気が少なく、作業環境の改善に役立ちます。

 

 

INOKENのおすすめの塗料材料です。

今回は、追加で門扉・門塀の塗装も承りました。

 

当初腐っていた破風板部分もきれいになりました。

外壁・屋根の塗装をお考えの方は、

是非ともINOKENにご相談ください。

きっと喜んでいただける塗装工事をご提供できると思います。

よろしくお願いいたします。