浴室リフォーム

ユニットバスのリフォーム

2012/08/07

中古の一戸建て住宅を購入されたお客様からのご依頼です。

こちらのユニットバスを新しく交換します。

一見、とてもきれいで交換するのがもったいない気がしますが、

中古でお家は購入されましたが、浴室は新しくしたいということです。

その気持ちはとてもよくわかります。

INOKENは、そんなお客様の気持ちを汲んで、

価格の上でも、親切な適正価格で、ユニットバスを販売しております。

さて、工事に取り掛かります。

解体してみて、特殊な施工だとわかったのですが…

写真を見てください。

本来、床下部分にユニットバスの脚を据え付けて、ユニットバスが組まれているのですが、

床下に鉄骨で架台が大引基礎から吊るされてあり、

その鉄骨にユニットバスの脚が乗っかり、ユニットバスが設置されていました。

なんでこんなややこしい設置方法をしているのだと思いましたが、

すぐにわかりました。

こちらのお家は1階が駐車場です。その駐車場の真上に浴室があるのです。

ですので、駐車場の天井(つまり、ユニットバスの床下地)に

通常通りにユニットバスを設置してしまうと、ユニットバスの重量があるので、

駐車場の天井(ユニットバスの床下地)が抜けてしまう恐れがあるからです。

そこで必要になるのが、吊架台です。

吊架台にユニットバスを乗っけて据置する方法があるのです。

INOKENでは、ユニットバスの交換を数100件行っていますが、

この吊架台方式のユニットバスの設置は、実は2回目です。

結構、レアケースです。

しかし、INOKENの数々の実績と経験でこういったレアケースをもカバーします。

水廻りの大事なリフォームは、是非INOKENにご用命ください。

浴室リフォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。