フルリフォーム 洗面所リフォーム

中古住宅のフルリフォーム 旭区 一戸建て住宅⑤

2018/05/02

前回からの引き続きです。

洗面室のリフォームになります。

今まではこのようになっていました。

 とても古い感じですね。

新しくするにあたって、お客様よりボウルを2つ付けたいとのご要望がございました。

さあ!始めます。古い洗面台を撤去します。

 解体撤去しました。

既存の配管(給水管・給湯管)がとても古く使えそうにないために、

ダブルボウルの為の配管を新規に引き直します。

 

壁と床の補強下地を入れて、復旧します。

 

ドライヤー用の専用コンセントも新設します。

床にCFシートを天井と壁にクロスを貼ります。

ダブルシンクを設置します。

 

吊り戸を付けて完成です。

 

見違えるようになりました。

実はこちらの洗面台はかなりお値打ちのものを使用しています。

『ダブルボウル』と言うとかなり高額のものを思い浮かべますが、

洗面台を2個並べて、間口を合わせるために壁を造作して設置しています。

すると、お値打ち品ではありますが、2個洗面台が並ぶと

結構いいものに見えますよね!

これは、お客様のアイデアです。

現場に近い私たちINOKENのスタッフは、

こうやって日々、お客様からの様々な『知恵』を頂いて成長しております。

ここが『リフォーム営業会社』との違いです。

『リフォーム営業会社』は営業している会社(人)は施工はしません。

下請け(孫請け)会社に施工を依頼しています。

ですので、現場の職人が「聞いていないよ!」なんてことがよくあります。

INOKENは『リフォーム施工会社』ですので、そういったことはありません。

お客様のご要望やアイデアがダイレクトで伝わっていきます。

ここがINOKENの良さでもあります。

是非、この感動的なリフォームを体験してみてください。

と、本日はここまでです。

次回はトイレリフォームに移っていきます。

乞うご期待を(@^^)/~~~